写真俳句 ST

MENU

コスモス畑



   コスモスや空の蒼きに地平線

   咲揃ったコスモス畑、蒼い空に秋の筋雲、花と空の地平線が際立っていた。






落日の原



   秋の日や暮のしじまに波うつ穂

   秋の日暮れは暗くなるのが早くなる、大勢の観光客も少なくなり夜の静寂がやってきた。




大廈高楼



   名月や大廈高楼見渡して


   大廈高楼とは高層ビル群のことです。




茅葺の里



   行く秋や茅葺の里美山村


   京都府のほぼ真ん中、南丹市美山村。そこには古い名残りの茅葺の家があり、今でも人々が生活をしている里がある。




不知火



   闇海に浮かぶ不知火妖火かな


   九州有明海に見られるという不知火漁船のいさり火が光の屈折によって発生すると云われている。
   この写真は漁船のいさり火である。




該当の記事は見つかりませんでした。