写真俳句 ST

MENU

風信子




   風信子部屋いっぱいの香ほりかな



  (窓辺に置いたヒヤシンスが部屋中に匂っている)




梅の香




   紅梅や柔らかき香に包まるる



  (京都北野の天神さん、鳥居を潜るとほのかに梅の香りがしてくる)




紅梅




   紅梅や遍路も通る石山寺



  (西国の寺石山寺、境内には広い梅園がある)




暖簾




   寒椿暖簾の脇の大瓶に



  (某和菓子の老舗入り口の大きな暖簾の脇に寒椿が生けられていた)




白梅




   白梅や柔らかき香に包まるる



  (白梅の香りに誘われて梅の名園、石山寺へ行った)




冬の日




   冬の日や灯りに揺るる障子影



  (寒い冬の日、古い農家の障子に電灯の陰が揺れていた)




寒牡丹





   菰の中ひっそり咲くや寒牡丹







  (奈良県葛城市当麻寺の寒牡丹菰を被って暖かそう)











該当の記事は見つかりませんでした。