写真俳句 ST

MENU

花椿


  孫来りそっと眺むる花椿



  (久し振りに孫が来ました、女の子の成長は早いもので少し驚きました)







春彼岸




  春彼岸どこか遠くに電子音




  (お彼岸の墓参りに大阪の寺町へ行きました、うららかな天気でどこかから音楽が聞こえてきました)









サラダ



  シャキシャキと噛めば噛むほど水菜かな



  (水菜はサラダでよく食べますが、)




老梅



  老梅やまだ鮮やかさ失はず



  (年数がたっている紅梅、今年も鮮やかに咲いていた)




蕗の薹



  蕗の薹今年も喰はる野の味を



  (蕗の薹、今年も天ぷらで味わいました、ほろ苦く季節を感じました)




ヒヤシンス



  婦人病棟女医の執刀ヒヤシンス



  (婦人科病棟の診察室、まだ若そうな女医さんが執刀するらしい。医師の机の上にはヒヤシンスが咲いていた)




水鳥




  水鳥の泳ぐラインやハーモニー



  (湖北路の入り江、水鳥がラインをつくり気持ち良さそうに泳いでいた)




春風




  春風や知らない村の波の音



  (知らない海辺をドライブして、車を降り少し休憩をとった時、春の海の波音が心地良かった。)




該当の記事は見つかりませんでした。