写真俳句 ST

MENU

霧の高原



   冬枯の林の中を彷徨ふる


     霧が出てきた志賀高原、白樺を求めての林の中をさ迷い歩いた。



     

行く秋



   行く秋を古き写真に惜しみけり


     古い写真を整理しながら改めて京都の秋を思い出した。



     

実千両



   実千両古刹の庭の手水鉢


     京都の名刹祇王寺の庭園、手水鉢に千両の紅い実が鮮やかであった。



     

落ち葉道



   やはらかき落ち葉の道を踏みしめる


     山門をくぐれば、気持ちの良い落ち葉の道を踏みしめていた。


  
     

該当の記事は見つかりませんでした。