薄の穂風に任せて残りけり


     薄の穂が風で飛び散って無くなる寸前。



   勤め終へ梅田の地下の葱鮪鍋

    松山俳句ポスト11月12日 人選



     
     
sige_tani
Posted bysige_tani

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply