写真俳句 ST

  • 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

謹賀新年



   明けましておめでとうございます


     皆様も良きお年をお迎えの事と存じます、尚本年も宜しくお願い致します。



     



  1. 未分類
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/01/06(水) 07:26:00 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

  1. 2016/01/06(水) 15:25:00 |
  2. URL |
  3. sigetani2014
  4. [ 編集 ]
むくさん、明けましておめでとうございます。

またコメントもありがとうございます。

私の想いでありますが、写真と俳句は表現方として似ていると思います。

写真は被写体をいかに切り取るかが重要な要素になると教わりました。

俳句も同様でいかに情景を切り取るかが大切な文学だと思います。

俳句は昔から好きで芭蕉の”奥の細道”を読んでから一層好きになり

俳句のテレビ番組等を見て楽しんでいました。

しかし自分で詠みだしたのは最近で、松山俳句ポストへ投稿し出した一年位前からです。

まだまだ初心者ですので、むくさんのコメントは大いに参考になりました。

今後もご指摘頂けましたら、ありがたく存じます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

<<初講  | BLOG TOP |  霧の高原>>


プロフィール

Author:sige_tani

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア